障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ

~障害者・高齢者・医療的ケア児のご本人とご家族の方々の抱えておられる問題を解決に導きたい。~

この問題は、横浜市に留まらず全国的な問題です。横浜市のリビングラボにご参加させていただくのは「発祥の地、横濱」として先端を走ることが、歴史ある横浜の使命である、との強い郷土愛からです。

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ(以下、当リビングラボ)は、横浜市を拠点とし全国を対象としたリビングラボです。

当リビングラボは、Facebookグループ「ALSなど筋萎縮症難病の集い」(2022年5月1日現在、821人)と「介護利用者と介助者の環境改善を目指す会(2022年5月1日現在、752人)が発端となり、難病・障害者トークイベントをZoomにて開催しました事により始まりました。

難病・障害者トークイベントは毎回テーマを決め、障害者ご本人又はご家族の方がご出演いただき問題提起され、パネリストとしてご出演いただく有識者(行政・難病患者団体・医療機器技師・介護事業者・医療継続搬送事業者など)の方々と、当リビングラボの発起人とアドバイザーがフリートークする形式です。

また、ご参加者の方々よりご要望が多数寄せられた事につきましては、専門家を講師としてお招きし講義していただいております。

これからの課題

  1. 重度訪問介護利用者の支給時間数に、需要(患者)と供給(行政)で乖離があるため、是正に取り組むこと。
  2. 障害者・高齢者・医療的ケア児の家族介護(ヤングケアラー含む)を優先とする行政の方針を転換させていくこと。
  3. 障害者・高齢者・医療的ケア児の防災と災害時の対応として、国・自治体・市町村と民間企業・団体の協力連携体制を構築すること。
  4. 障害者・高齢者の買い物難民と呼ばれる人々の解消へ向けた実証実験を実施すること。
  5. 介護ヘルパーの人材不足解消と介護サービス内容を見直すこと。

などであり、今後も課題は増えて行くものと捉えております。

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボの特徴

当事者が主体

障害者・高齢者・医療的ケア児の本人及び家族が主体であり、有識者との対話の中で問題を解決すべく手段を考えていきます。

介護者目線を大切に

障害者・高齢者・医療的ケア児の介護には、介護者が欠かせません。介護者からの知見を取り込んでいきます。

市政・国政への提言

難病・障害者トークイベントに於いて対話された上での課題を、市政・国政に提言していきます。

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボの概要

団体名称 障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ
代表者 岸川紀美恵、岸川忠彦、櫻井香奈子、寺西眞一(五十音順)
窓口 寺西眞一
活動開始年 2022年5月2日
主な活動テーマ 障害者・高齢者・医療的ケア児の本人及び家族が抱える問題解決
主な活動内容 難病・障害者トークイベントの開催(月1回程度)
主な活動拠点 神奈川区
主な活動メンバー コアメンバー:
・株式会社さくらプラン(代表 寺西眞一)
・オフィスさくらい(代表 櫻井香奈子)
・一般社団法人日本ALS協会(理事 岸川忠彦、神奈川支部長 岸川紀美恵)
アドバイザー:
・日本ALS協会(栃木副支部長 鈴木諭)
・一般社団法人水郷介護支援パートナー(代表 坂本直己)
・合同会社メディカルサポート(代表 志田雅利)
・恩田聖敬(株式会社まんまる笑店代表取締役社長、日本ALS協会会長、岐阜大学非常勤講師、岐阜県ボッチャ協会顧問、株式会社岐阜フットボールクラブ社友(元FC岐阜 代表取締役社長))
・田中裕之(東京都大田区蒲田 すみれ法律事務所 代表弁護士)
活動頻度 月1回程度のトークイベント開催
URL https://www.facebook.com/groups/1017748789160944/

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボの新着情報

【9/3】障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ 第6回トークイベントを開催します

  • Posted by YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス 編集部
  • On 2022年8月29日
障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボが、2022年9月3日に第6回トークイベントを開催いたします。イベント概要をご確認の上、奮ってご参加ください。 第6回「障害者とテクノロジー」トークイベント概要 日時:2022 […]
Read More
 1

オンラインフォーラム 〜おひとりさま社会のケアテックとケアシステムを考える〜を開催しました

  • Posted by YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス 編集部
  • On 2022年7月5日
横浜市では少子高齢化と共に、単身化も急速に進んでいます。65歳以上の高齢者人口が市域で90万人を超えると共に、そのうち約3分の1の30万近い高齢者がお一人暮らしです。また30歳代から50歳代の市民の未婚者の比率も、男女問 […]
Read More
 

【7/2】障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボ 第4回トークイベントを開催します

  • Posted by YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス 編集部
  • On 2022年6月22日
障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボが、2022年7月2日に第4回トークイベントを開催いたします。 患者本人・家族 ✕ 衆議院議員(前木原内閣総理大臣補佐官)✕ 行政 ✕ 医療機器技師(専門家) ✕ 患者団体が集 […]
Read More
 1

お問い合わせ

障害者・高齢者福祉イノベーションリビングラボの活動に興味をお持ちの方は下記よりお問い合わせください。