瀬谷ハチミツリビングラボ

瀬谷ハチミツリビングラボ

瀬谷ハチミツリビングラボは、横浜市瀬谷区を舞台に、ミツバチを通した地域活性を目標に活動しています。

活動の始まりは、横浜市の瀬谷区に新しい「お土産」を作り出そう、という計画でした。2027年に瀬谷区にて開催予定の国際園芸花博覧会への来場予測人数はおよそ1,000万人と言われています。そこで、瀬谷区に来て頂き、瀬谷区を感じて頂く。そして世界中のお客様が、家に帰った後もそのお土産を手に取り横浜を、そして瀬谷区を思い出す、そんな「仕掛け」を用意したい。瀬谷ハチミツリビングラボでは、取り組みの主体となっている瀬谷区民がミツバチを使って花博覧会を盛り上げ、さらに瀬谷区から、横浜市全体を盛り上げていこうと能動的に活動を行なっています。

瀬谷区は南北に長い地形で、至るところで農業や畜産業が営まれています。緑豊かなまちとして花博覧会の会場に選出されたまちだからこそ、美味しいハチミツが採取できるのではないか。そして、世界中の家庭のテーブルの上に瀬谷区で生まれたハチミツが置かれていたら。そんなステキな世界を目指しています。

ミツバチは、下記の分野において、まちづくりに貢献する存在として知られています。

  • 農業
  • 福祉
  • 教育
  • 健康づくりなどの医療
  • 美容
  • 蜜蝋から生まれる副産物
  • 企業イメージの向上
  • 商店街の活性化

養蜂を、単なる「お土産作り」という視点から、まちづくりの一環として捉え、その中心に環境評価生物である「ミツバチ」と、彼らが生み出す「ハチミツ」を中心に据えることで循環を生み出しています。

さらなる広がりが期待される養蜂を通じたまちづくりのアイデアを、市民だけ、行政だけ、民間企業だけ、で企画し実行するのではなく、リビングラボとして多様な主体と関わり合って育てていきたいと考えています。ただ甘いだけではないハチミツにさまざまな想いを込めて、持続可能な蜂蜜採集が可能になるようなまちづくりを進めていきます。

瀬谷ハチミツリビングラボの特徴

養蜂を通じた循環型のまちづくり

花と緑のあふれるまち瀬谷区で、養蜂を通じてまちづくりの様々な循環を生み出すことを目指します。

多様な主体が参加

参加主体の年齢層が幅も広く、地域住民や区内の事業者、商店街で店舗を構える方、地域に親しまれるスポーツクラブの運営に携わる方、 NPO法人など、多様なメンバーがハチミツを通じた地域活性化に向けて議論を交わしています。

持続可能な瀬谷区をブランド化

人口減少社会において、瀬谷区でも人口減少が始まっています。2027年開催の国際園芸博覧会以降も、瀬谷区に関心を抱き、住み続けたいと思えるまちであるために、人だけでなく環境評価生物のミツバチが住みやすいまちを目指し、花や笑顔が溢れるまちづくりを進めています。

瀬谷ハチミツリビングラボリビングラボの概要

団体名称 瀬谷ハチミツリビングラボ
代表者 山口正斗
活動開始年 2021年7月5日
主な活動テーマ ミツバチを通したまちづくり
主な活動内容 養蜂を通したまちづくり
主な活動拠点 瀬谷駅周辺
主な活動メンバー 山口正斗、川口ひろ、大江達、大岸浩一、安田智考、鷲澤俊行、仙台孝男、猪俣友悟、鈴木瞬
活動頻度 月2~3回

瀬谷ハチミツリビングラボの新着情報

インターナショナルオープンデータデイ2022@横浜 を開催しました

  • Posted by YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス 編集部
  • On 2022年3月22日
2022年3月5日(土)、「インターナショナルオープンデータデイ2022@横浜」がオンラインにて開催されました。 オープンデータデイは、世界各国の都市で同日に開催されるオープンデータの祭典で、横浜での開催は今年で10回目 […]
Read More
 

お問い合わせ

瀬谷ハチミツリビングラボの活動に興味をお持ちの方は下記よりお問い合わせください。